toggle
一流のwebデザイナーが制作するランディングページ

webデザイナーが制作する求人のランディングページ

ランディングページでは、自社のサイトを全て確認してもらうのではなく、基本的には1枚のページで、目的を果たすようにすることが重要です。そのためには、何を目標とし、利用者がすぐに興味を持ってもらえるような状態にしなければなりません。大抵、企業のマーケティング担当者が、売上アップや会員を増やすなどのために、最終的には、個人情報を入力してもらうことです。最適なランディングページを制作するために、ほとんどの企業は、多くの制作実績のあるウェブ制作会社に依頼します。制作会社にとって、まず大切なことは、企業側の要望をもれなく吸い上げることです。そして、遡及すべきポイントをどのようにアピールするかという企画をたてます。ポイントが整理されましたら、webデザイナーの出番です。コンバージョンが上がらなければ、意味がありませんので、視覚的に見やすい、目的を果たすような構成やデザインを考えるのです。何度も、依頼する企業との打ち合わせをした上で、ネットの広告枠を利用する流れとなります。

最近では、転職や求人サイトでの、ランディングページを目にします。利用者は、より良い会社、職場を見つけたいと考えていますので、まずは、利用者が自分に見合った仕事を検索できるファーストページが多いです。例えば、地域、職種、給料、福利厚生などです。求人サイトを運営する会社は、自社の紹介で転職が成功すれば、その分の成果報酬を獲得することができますので、利用者の要望を満たす検索結果が表示されるような、検索フォームを構築しなければなりません。また、求人や転職サイトでは、スカウト機能を有する場合があります。スカウト機能とは、利用者の履歴書や職務経歴書を登録してもらい、企業に閲覧してもらうことで、転職のアドバイザーが就職に至る全てのサービスを提供します。そのためには、ご自身の情報を入力してもらうようにしなければなりません。基本的な情報を入力してもらうフォームを構築すること、スカウト機能を利用したいと思わせることが必要になります。webデザイナーの役割は、ファーストページを大切にします。求人サイトであれば、最初に、求人転職サイトを利用すると、成約率がどの程度上がるのか、希望通りの会社に就職できた率、年収のアップ事例などを最初にアピールしなければなりません。もし、興味がなければ、利用者は登録作業をすることが面倒だと理解されてしまい、すぐにページを閉じられるといった状態になります。コンバージョン率は下がると言うことになってしまいます。

多くの求人サイトでは、会社の検索をしますと、ヒットする会社が縦長に表示されます。情報が多ければ、数ページの結果が表示されますので、利用者は、ピンポイントで要望する会社にヒットできないこともあります。掲載される各企業は、ヘッダーに簡単な仕事内容を表示することもありますし、会社の特徴などを表記することもありますが、タイトルだけでは、わかりにくく、結局、その会社の採用のランディングページを見たり、サイト内で業務内容や業績、待遇などを確認しなければなりません。とても時間がかかりますし、結局良い職場を見つけることができなかったという結果に終わってしまいます。そのような経験を一度でもしてしまいますと、時間の浪費だと理解して、二度と見なくなる利用者もいます。ですから、webデザイナーは、ファーストページを見ただけで、とりあえず、個人情報を登録させるかということを第一に考えなくてはなりません。webデザイナーは、利用者が見やすい、親和性のあるデザインを考えます。テキストデータを読むことは、利用者にとっては苦痛ですので、イラストや画像などを駆使して、そのサイトに興味を持ってもらうようにしなければなりません。つまり、登録をしておけば、単純に会社や職場を検索できるだけではなく、公開されていない求人情報を閲覧できるなどのサービスを訴求する必要があります。

HPの作成事例を見ますと、優秀なwebデザイナーが制作したランディングページは、利用者の要求をすぐに満たせるような工夫をしている場合が多いです。そのためには、検索エンジンで入力した検索ワードに直結するような、ページを作らなければなりません。検索から登録などに関しての導線がしっかりしていることが必要です。デザインばかりに凝ってしまいますと、利用者及び求人サイトの目的を満足させることはできません。お客様の要望の吸い上げから、企画、効率的にランディングページを確認してもらうSEO対策との連動などをしっかり考えなくてはなりません。そのためには、求人サイトが訴求したいことや、会社概要、特徴などを把握しなくてはなりません。依頼主の立場で、究極的には、依頼主の従業員という考え方で、ランディングページを作ることが重要です。自社にwebデザイナーが在籍していれば、不具合点などを修正することもできますので、コンバージョンは上がります。