toggle

カジノが日本に建設される影響

IR推進法案が可決された影響で日本でのカジノの建設が急速に現実的になってきました。ところが中途半端に規制を定めると結果的に外国からの集客は期待出来ないのではないかといった批判やカジノ建設の影響によってギャンブル依存症が増加することに対する対策が充分に施されているのかといった懸念が残されています。そして、ボートレースや競馬といった公営ギャンブルを除く賭け事が厳密に規制してきた日本でカジノを楽しむ文化が定着するのか疑問視する意見も絶えません。

一方で、たくさんの資金がやり取りされることからカジノを解禁することは経済の活性化を促進する起爆剤としての役割りも期待されているのです。IRとはただ単純にカジノの建設のみに関係するだけではなくリゾート施設やレストラン、ホテルなどの複合型の観光施設を建設しようというものです。その複合観光施設の一部分がカジノであるだけに過ぎず、観光客だけが利用する他にオフィスを建設するなどしてビジネスの拠点としての役割りを果たすことも見込まれています。

イメージはラスベガスやマカオ、シンガポールのように全体的に施設がテーマパークになっているかのような魅力が存在し、世界中の国々から観光客が訪問する観光名所にすることが目標です。ですので今まで観光地としての魅力があまりなかった自治体でIRという巨大な観光名所を作ることによって、新しい海外旅行客を呼び込むことが期待されています。IRに関係する直接的な経済効果は土地の造成や施設の建設、消費や雇用の拡大などの効果を得ることが期待されていて、間接的な経済効果は利用客が公共交通機関を利用することや物流の活性化などが挙げられるのです。