toggle

カジノビジネスの参入を検討する日本企業

統合型のリゾート施設であるIRの整備法案が参議院で可決されて成立したため日本で初めてのカジノの経営に参画することを目指している国内の企業が競争を激化させる見通しです。IR整備法案は、2016年の12月に統合型リゾート整備推進法案が可決されたためカジノや会議室、商業施設などが統合されたリゾート施設を建築するために必要となる法律が作成されたものになります。

IR整備法では、手始めの段階として日本全国で多くても設置場所を3ヶ所までとすることや、カジノによって得られた収益に対して納付する税金の税率を30パーセントにすること、カジノが占める床面積を統合型リゾート施設全体のスペースの3パーセント以内にすることなどが取り決められたのです。関係者は必要となる事柄はIR整備法で定められたとしています。

日本社会では犯罪やギャンブル依存症と関連付けられやすいカジノビジネスに参入する意思を表明することに躊躇している日本国内の企業もIR整備法が可決されたことでお墨付きが貰えることになったとロビイストや企業幹部たちは指摘しているのです。分析家によると、IRは最も多い場合は250億ドルの収益をあげると予想され、長い期間に亘ってデフレの経済状態に苦しんでいる日本経済の救世主になる可能性があります。

カジノを運営する会社と一緒に金融や建設、不動産、観光など様々な業種の日本国内の企業が事業に加わりたいと考えているのです。具体的な内容の計画をこれまでに発表している企業はありませんが、カジノリゾートに対策するためのチームを組んでいるところもあります。他にも統合型リゾートに出資する確率は低いが、関連する不動産プロジェクトに関わる可能性があるところも存在しているのです。