toggle

webデザイナー未経験でも作成可能なLP

企業が自社の製品やサービスを広く知ってもらう為に行う取り組みとして知られる、ランディングページ(LP)。インターネットのサイトやURLに行く際、よく広告が出ると思いますが、そのことをいいます。その広告が気になり、クリックすることで、広告を掲示している企業のホームページや商品やサービスの案内のページに飛ぶようにできており、インターネットが普及した現代のマーケティングとして、中小企業を中心に必要不可欠な広告方法として知られます。色んな商品、サービスがランディングページで紹介されていますが、その中でも、健康食品のランディングページは特に多いです。健康食品は、コンセプトが利用者の目を引きやすく、『最近、疲れがとれないという方』『関節痛にお困りの方』など、コンセプトと同時に製品の写真を記載するのが、健康食品のHPと制作事例としてあります。

コンセプトを掲示すれば、そのコンセプトになった方は気になって、広告をつい閲覧してしまうと思います。それにより、購買へとつなげるのが目的です。これらのランディングページの作成の仕事を担うのが、webデザイナーです。一流で実績を積んでいるwebデザイナーに依頼することで、その商品を勧めるLPの作成のコツなどが分かっているため、安心ですが、未経験者でも充分作成することは可能です。ランディングページで重要なことは、一度目にしただけで商品の詳細を知りたいと思ってもらえるようなLPを作らなくてはならない為、コツとアイディアがポイントとなります。また、目的によっては、その製品を購入してもらうためにつくるのか、会員登録を増やすために作るのかなどによっても作成方法は変わるため、webデザイナー未経験者はその点の注意が必要です。

技法では、近年漫画を使用したものが流行りました。漫画は日本人との馴染みがあり、ついつい見てしまうので、ランディングページには最適でした。絵で、どんな年齢・性別・目的の方に利用してもらいたいかを表現し、文章でコンセプトに関連した、利用者への好奇心をかきたてる文章を考えなくてはいけません。特に健康食品などでは、最初に効能があるのか疑問を持つ方が大半なので、そこを絵と文章で示す漫画は一番良い方法であるといえます。中小企業において、広告は費用は10万円から60万円ほどと安い上に、不特定多数の大勢の方に見てもらえるという条件が重要になってくるため、これからもランディングページは、主流の広告として活躍するでしょう。