toggle

独学で学ぶことも不可能ではないwebデザイナー

webデザイナーになるために、独学で学ぶことも不可能ではありません。またランディングページには、無料で使用できる便利なpsdテンプレートもあります。ただしランディングページは、検索サイトなどからアクセスされる最初のページになることが多く、訪問者の購買欲が高いのが特徴です。そのためwebデザイン以外に、マーケティングの手法などを駆使したランディングページの方が、収益が上がる傾向にあります。さらに最近は、スマートフォン用のランディングページが急増しており、スマホユーザー向けのコンテンツ作成がwebデザイナーに求められています。また若い世代は、なるべく早く結論にたどり着きたいことが多いため、その欲求に合ったレイアウトが必要です。そしてファーストビューにもコンバージョンボタンなどを設置して、アクションを起こしやすくする工夫が大切となります。

またスマートフォンに、PC用と同じ画像要素数を使うと表示速度が遅くなるため、注意します。コーディングの時に軽量化することが必須ですが、その際、画質を落とさないことが求められます。その他、スマートフォンはPC画面に比べて横幅が短いので、同じレイアウトが続くならアコーディオン式にすると見やすくなります。アコーディオン式は、「よくある質問」などのレイアウトに使われていることが多いです。口コミをアコーディオン式にする場合もあります。ただしデメリットとして、アコーディオン式でコンテンツが隠れると、SEOとしての有効性は減少します。そのため紹介したい商品やターゲット層によって、使い分けることが必要です。さらに素人が趣味で作成する場合と違って、ランディングページの目的は収益アップです。

そのために独学で技術的な面を学んだwebデザイナーよりも、専門学校などで基礎からwebマーケティングを身に付けた人の方が、採用されやすい傾向があります。そして高品質なHPとセールスコピーライティングを行う人材として、コピーライターやディレクターの求人も、最近、急激に増えています。実際、高い売上率を持つランディングページを作成する会社には、優れたwebデザイナーだけでなく、優秀なコピーライターやディレクターが在籍しています。テンプレートをダウンロードして作ったサイトもそれなりに効果を持ちますが、やはり代行業者に作成してもらったランディングページの方が、収益が上がりやすいです。