toggle

フリーランスのwebデザイナーが作るランディングページとは

ランディングページはリスティング広告を含む色々なところからのリンクを経由する飛び先となるページのことを言い略してLPとも表記されます。
具体的には商品やサービスを販売するためのスクロールして見るとよいような縦長のページを指します。これはネットにおいて売り上げを上げるための重要な要素であり接客を行う役目を持ち、このページを改善するだけでも売り上げが数倍になったという事例もあるぐらいです。
企業の置かれた位置とか目的によっても多くの種類があるとされ適切な使い方をすることが大切とされています。

例えば普通の商品を販売する場合は手にとれないために写真を掲載したり情報も多めのものにする場合が多いものです。BtoBで商品を販売したい場合は機能の一覧や比較表などを掲載すると情報を掴みやすいとされています。
サービス内容の場合には写真のイメージが大切となりますのでこれを多く掲載する機会も多いとされます。
無料の会員を募りたい場合は情報量を逆に少なくする手法がとられることも多くあります。有料サービス会員を増やしたい目的の場合はサービス内容を納得した上で登録してもらいたいために説明が長くなることもあるとされています。資料請求を増やしたい場合には簡潔な説明で興味を呼び起こし、資料を請求してもらうという手法がとられます。

ページへ訪れたユーザーにその情報をしっかりとつかんでもらうには最近は漫画の手法も使われるようになって来ています。この方法は多くの企業でも成功する例も多く出ていてこれを使って制作しています。
このように目的の違いによって色々なランディングページの形がとられます。

ランディングページの費用は一般には10万円から数十万円と幅を持ちます。これは分析サービス内容とかデザインの有効性などから生じてくるとされています。自分でも作成できますがプロのwebデザイナーに依頼したり、フリーランスのデザイナーに依頼するという方法がとれます。
フリーランスのwebデザイナーはクラウドソーシングで探すことも出来ます。webデザインとランディングページの両方に対応するデザイナーも存在し、実績もチェックすることが出来ます。予算もそうかからず経済的な額におさまることが多いものです。あるいはサイトで検索をかけるとこれらを行うwebデザイナーも見つかります。打ち合わせの上で修正も可能となりますからその作風や実績を見て発注することができます。