toggle

アルバイトから一流のwebデザイナーになる方法

アルバイトとしてスタートしてから一流のwebデザイナーになるためには、良質なLPを製作できるようになることが必要です。これは単なる情報提供のためのwebサイトを構築するのではなく、クライアントの業績を向上させるような提案ができるようになるためです。サイトにアクセスする訪問者をいかに商品の購入などに結びつけるかがwebデザイナーには問われます。そこでサイトのデザインに凝ったり有益な情報を提供することのみにこだわっても、売り上げにはつながりません。大切なことはサイトが必要とするユーザーを効率良く集客し、さらにランディングページで具体的なアクションへと結びつけるようなサイト構築を行うということになります。

例えば健康食品のサイト構築において、アルバイトとして作業に参加しているとします。プロジェクトが組まれて分担された作業をこなす中でも、そのランディングページをどのように製作しているのかをチェックすることが大切です。アクセス解析はどのように行っているのか、他のコンテンツとの整合性をどのように確保しているのかを見るわけです。これらはランディングページでの直帰率を下げて具体的な購入などのアクションにつなげる大事な要素と言えます。webデザイナーはこのような点を押さえてサイト構築を行うことが必要です。健康食品のHPと製作に関わる中で、そのようなスキルを身につけることになるわけです。

さらに一流のwebデザイナーとなれば、クライアントへの説明対応もきちんと行えるようにする必要があります。クライアントはすぐに結果を求めるものですし、アクセス解析などからデータ分析して効果の良し悪しを判断します。けれども実際には、サイト構築には時間がかかりますし、すぐに結果が出ないこともあります。それでも必要な作業を行なっていることを納得できる形で説明することが必要になります。そのためにはサイトへの訪問者の行動を分析して売り上げにどのようにつながっているのか、そこからサイトの課題や改善点がどこにあるのかを理解してもらえるように説明することが大事です。その上で良質なコンテンツを製作し、ランディングページの分析と改善を繰り返して結果を出すことが必要となります。このような多方面でのノウハウが必要となることを理解しておく必要があります。その上で、アルバイトとしてサイト構築に携わる中で技術を習得していくことを自覚することが大事です。