toggle

webデザイナーがLP制作時に使うあるある!

webデザイナーがランディングページを作る時に使うあるあるの方法として、アニメを使うということがあります。最近はこのアニメが最も効果的に訪問者を引き付けることが出来るとして、webデザイナーの間でも注目されています。
ランディングページを作る時に最も大切なのが、インパクトとわかりやすさです。webデザイナーはこれらを意識してランディングページを作るわけですが、この時に最も使われやすいのがアニメーションなのです。動画もかなりいい方法ではあるのですが、最近では動画だとどうしてもありきたりなものとなりやすいので、インパクトに欠けるということがあります。特に動画はある程度見てくれなければ、なかなか好印象を訪問者に与えることが出来ないということが難点でした。ですがアニメーションであれば、見た瞬間手に好印象を与えることも出来るというのが大きな魅力です。

何故かというと、アニメーションは簡単でわかりやすいということが、これまでの経験で人は分かっているからです。アニメというと難しいということを想像する人はいないでしょう。ほとんどの人がわかりやすいと感じているはずです。何しろアニメはわかりやすいところだけを強調して、他の不要な部分は省いているといえるようなものですから、わかりやすさの極致のようなものでもあります。最近ではランディングページに動画や写真というものを持ってくることも少なくはありませんが、わかりやすさという点ではアニメーションは抜群です。動画や写真というのは実は情報があまりにも多いので、どこを見て欲しいのかがわかりにくいものでもあります。ですがアニメーションは情報量が少ないので、どこを見たらいいのかが簡単にわかります。これが訪問者にとっては最も嬉しいことでもあります。ぱっと見で、ここはいい感じだなと思ってもらうことが出来るのが、ランディングページを作る上で最も大切なことになります。それがアニメーションだと出来るというわけです。

しかも、アニメーションは制作するにはそれほど費用も時間もかけないで制作することが出来ます。特にマンガのような静止画のようなものであれば、短期間で作ってしまうことが出来ます。そのため、困ったことがあれば漫画かアニメーションのようなもので描くというのが、最近のwebデザイナーのあるある的な方法ということになってきているのです。これが一番コストパフォーマンスに優れていると考えられてきています。