toggle

webデザイナーのアシスタントは稼げる

通販のホームページとデザインを手掛けるwebデザイナーは、求人も多く稼げる職業です。さらにwebデザイナーは多忙なため、有能なアシスタントも求められています。特に最近は、スマートフォン用のランディングページの需要が多く、スマートフォン向けにデザインを行えるデザイナーが求められています。実際、PC版に加えてスマートフォン版のランディングページを作成したところ、売り上げが急上昇した例もあります。またアプリのランディングページ制作もニーズが高まっています。しかしスマートフォンの画面は小さいため、webデザイナーやアシスタントの腕が良くないと、見にくくなります。単純にPC版を移行しただけでは失敗するため、コンテンツの量を少な目にすると効果的です。PC版では画面が広いので、情報量を多くすると好まれますが、スマホユーザーは、長いテキストを嫌う傾向があります。特に若い世代は、大量の文章が羅列しているだけで読まずに離脱するため、テキストの量を少なめに設定すると喜ばれます。

さらに文字サイズの調整をしないと、閲覧者にとってはストレスになります。小さい文字は見にくいですが、大き過ぎる文字も読めないため、注意しなければなりません。一方、改行を多くして空白の行を適度に挿入すると、見た目がシンプルになり、読み手に好印象を与えます。いくら優れたデザインでも、ユーザーが見にくいと思うなら失敗と言えます。またアプリのランディングページでは、全体のバランスが大切で、インパクトを与えるために大き過ぎる画像を使うと、逆効果になります。その他、大量の画像を扱う場合は、コーディングの際に、高画質のまま軽量化することが必要です。

その他、スマートフォンでは表示面積が小さいので、どのコンテンツを読んでいるのか、はっきりわかるようにすることが大切です。背景の色を変えたり、見出しを大きくしたりすることで、かなり見やすくなります。またPCの画面は一般的に横長ですが、スマートフォンのモニターは縦長なので、それに合わせたレイアウトにすると良いです。さらにデザインによっては、通常の1ページ完結型ではなく、メインとサブの2構成にすると良い場合もあります。いずれの場合もwebデザイナーやアシスタントには、知識だけでなくスピーディに仕事をこなす即戦力が求められています。しかしその分、やりがいがあり、多くの収入が見込める業種です。