toggle

webデザイナーにとって作業がしやすくなるadobe製品

webデザイナーは、Webサイトのデザインを主に仕事としており、Webサイトの各Webページのレイアウトやデザインなどを構築していきます。Webページは、HTMLソースコードとCSS、JavaScriptで構成されており、デスクトップアプリケーションのような機能を持つWebアプリケーションほど複雑になってきます。また、企業サイトの場合は、商品やサービス毎に詳細ページなどが用意されており、問い合わせフォームや注文フォームなどもあります。これらのデザインもwebデザイナーが行っていく必要がありますので、効率的に作業が出来る環境が必要になってきます。

adobe製品は、イラストレーションソフトやフォトレタッチソフト、Webオーサリングツールなどがラインナップされており、各分野のデザイナーから支持されています。webデザイナー向けのadobe製品も提供されており、この製品群を活用すれば、制作チーム間でデータ共有をしたり、ソースコードの編集などを行う時に補完してくれたり、エラー部分が直ぐに分かるようになっていたりします。adobe製品は、製品間での連携機能が充実しており、イラストレーションソフトやフォトレタッチソフトで作成した画像データをWebオーサリングツールに渡したいといった時にスムーズにインポートが出来ます。カラーモードはCMYKが使えますので、印刷向けの印刷物を作るのにも有効です。

webデザイナーがWebデザインを行う際には、直感的にページを作成出来るモードとソースコードを修正出来るモードが備わっているツールを使うのが一般的です。adobeのWebオーサリングツールは、イラストレーションソフトなどで制作した画像データをモックアップとして使い、この上から直感的に各HTML要素を埋めていくといった制作スタイルを行えますので、効率的なWebサイト作りが行える利点があります。近年では、大量のWebページを持つサイトを構築する際にはCMSを導入しますが、このCMSではテンプレートをベースにしてWebページの出力を行います。このテンプレートのデザインをwebデザイナーが行うようになってきています。adobe製品を活用していけば、CMSのテンプレートの作成も効率的に自在に行えます。adobeのWebオーサリングツールは、Webデザインがしやすいように多彩な機能を搭載しているのが大きなメリットです。