toggle

webデザイナーになる為にインターンをする

企業のWebサイトは、コンテンツ内容や取り扱っている商品・サービスの内容が充実しているだけではなく、アクセスしてきたユーザーが使い易いようにしておく事も必要です。webデザイナーを目指している人は、どのような物を作りたいのかをイメージし、実際にその方面で実績がある制作会社でインターンをして、現場の雰囲気を知っておく事が大切です。ネット通販に関連した企業向けのWebメディアを制作したいのであれば、通販のホームページと作成実績が豊富な制作会社を選択します。

インターンでは、制作会社のスタッフの下で様々な雑務を行いますが、Webデザインでは重要な事が含まれている事もありますので、現場の雰囲気とどのような流れで仕事をしていくのかといった事を学んでいく事が出来ます。実践で仕事を覚えていく事になりますので、webデザイナーとして活躍しているスタッフの仕事の仕方を学べます。実際に活躍しているwebデザイナーがどのような視点でWebデザインを行っているのかを知る事が出来れば、インターンが終わった後にwebデザイナーとして働く事が出来るようになれば、シーンによっては学んだ事を活かせる可能性もあります。

制作会社では、企業からの依頼でオンラインショップやランディングページの制作を行っています。その為、多くのスタッフが在籍して企業から依頼された仕事を遂行しています。ランディングページは、SEO対策を施してランディングページの宣伝効果を高めていかなければいけません。制作会社では、SEO対策に関しても制作メニューに採り入れるようになってきています。webデザイナーは、Webデザインやユーザーインターフェースのデザインだけでなく、会社によってはSEO対策の仕事も行う事があります。

また、通販サイトとランディングページを同時に制作する事もあります。制作会社でのインターンは、Web制作全般の流れを掴む為の手段としても有効であり、現場ではスタッフがどのような形で役割分担を行って業務をこなしているかを知る為の絶好の機会となります。インターンでの仕事内容は、制作会社毎に異なっていますので、目指す分野のWebメディアを制作している会社のインターンになっておいた方が仕事の仕方が学びやすいといったメリットがあります。通販サイトやランディングページが如何にして作られているのかを理解するのに適した働き方の一つです。