toggle

カジノによるギャンブル依存症増加の対策

日本は今現在、公営で認められているものを除くギャンブルについては違法になります。日本では長い期間に亘ってギャンブルを違法としていて江戸時代には博打を禁ずるお触れがあったほどです。どうして政府は今になってギャンブルであるカジノが含まれた統合型のリゾートを作ろうとしたのかというと海外からの観光客を集めて、日本を経済的に活性化させることが大きな目的となっています。

日本は未だに停滞する経済の状態を好転させるために観光大国として経済を回復させることを目指しているのです。日本製の商品を中国人の観光客が山になるほど購入する姿がニュースに取り上げられたのはまだつい最近の出来事ですが、とても高い経済的な効果を得ることができました。海外からの観光客にもっと日本を訪れてもらうためにはどうすれば良いのかという課題の1つの答えとしてカジノ法案を政府が提案したということになります。

しかし、どのようなもの対してもメリットだけではなくデメリットがあるものです。カジノ法案は成立してからも反対意見が根強く残っています。最も大きな理由となっているのは、ギャンブル依存症に対する懸念です。合法的に日本でカジノを楽しめるようになることによって、ギャンブル依存症になる人が多くなってしまうのではないかという心配が拭えないというのが現実となります。

とはいってもギャンブル依存症に対策することの重要性は政府も認識していて頻繁な入場を規制することなどを検討されているのです。このことに伴って、ほとんどこれまで対策されてこなかった既存のパチンコや競馬などといったギャンブル依存症の対策も実施していくと見られています。ギャンブル依存症以外にはマネーロンダリングの場となってしまうリスクや治安悪化に対する懸念といった問題も存在していて政府の対策が注目されているのです。