toggle

カジノはいつ日本にオープンするのか

統合型リゾート整備推進法案が成立した当時もカジノがいつオープンするのかが取りざたされていましたが、統合型リゾート実施法案も成立したことによって更に、いつオープンするのかが注目を集めています。関係者の予想では、だいたい2025年ぐらいになるのではないかとされているのです。話は持ち上がった当初は東京オリンピックの開幕に合わせて2020年にオープンをすることを目指していたのですが、今現在は実現は困難な状況になっています。

というのも統合型リゾート整備推進法案はあくまでも統合型のリゾート施設を作る目的で整備を進めるのが主旨の法律で、より具体的に内容が取り決められた統合型リゾート実施法案が成立してからも、統合型リゾートを建設する候補地を決定したり、法律を整備したり、施設を設計して建設に着手したりなどすべきことが山積みとなっているのが実情です。カジノが実際に日本にオープンするまで先がまだ長い道のりが待っています。それまで、待ちきれない方はベラジョンカジノでプレイするのも楽しいですよ。

最初に統合型リゾートが建設されるのは3ヶ所までとされていますがカジノが誘致される候補地に立候補している中でも有力とされているのは東京と大阪、長崎です。東京は会議場やホテルが多い青海地区やお台場を候補地に挙げています。やはり首都ですし交通アクセスもとても良好なのでお客様を集めやすいことで有力となっている候補地です。

大阪も交通アクセスが良好で、2025年に行われる国際博覧会を誘致することに成功したことから、国際博覧会とカジノとの相乗効果によって関西地方全体を経済的に活性化させたいという気持ちもあり、カジノを誘致することに積極的に取り組んでいます。しかし、ある程度既に経済が発展している都市圏に設置するより地方都市に設置したほうが地方が活性化するという意見もあり有力となっているのが長崎県という訳です。