toggle

webデザイナーに仕事を発注する時のポートフォリオの重要性

webデザイナーの仕事

webデザイナーの仕事には色々あります。フリーランスでwebサイトを制作したり、デザインソフトでコンペの仕事があります。webサイトなどを作成してもらうときは、webデザイナーが必要になってきます。特に、一流と呼ばれる人の多くはポートフォリオを作って、きちんとアピールできる物を用意している物です。しかも多くの一流webデザイナーはコピーライティングも一人でこなすことも多く、サイトに実績を残し、文章能力を備えている人も意外と多かったりします。

ポートフォリオとは

クリエイターが企業にアピールするために作った作品集がポートフォリオです。要するに自己アピールのための物に言えます。例えば、webデザインやランディングページ、イラスト、プログラミングで作ったソフトです。

フリーランスなどで仕事しようとするときは、ポートフォリオという物が必要不可欠な物になります。webデザイナーなどにサイトなどを作成してもらう場合、ポートフォリオは一つのスキルの判断材料となる場合が多いからです。仕事を発注する場合は、フリーランスの人が今までに作った作品を提示してきた物をまず見ます。それで、依頼する内容の物を多くこなしているかで仕事の発注をする判断材料とするのがいいでしょう。

デザインだけではLPサイトの売り上などは上がらない

デザインだけではLPサイトの売上などは上がらないでしょう。デザインだけではなく、文章能力も必要になります。特にHPとライティングは密接な関係にあります。

例えば、通販みたいなLPサイトを作る上で、どうやれば見込み客を獲得し売上につなげることができるのでしょう。そこでコピーライティングの重要性があります。商品の紹介記事で、商品の魅力を伝えて購入という道筋を与えてあげる必要があります。これをしないことにはお客さんは商品を購入してくれないでしょう。

どうやってお客さんを引き込むのかは商品の紹介記事に問題があります。それはトレンドのキーワードなどを入れていないことが多いです。トレンドのキーワードを入れることによって、SEO対策にもなり、お客さんが検索などでサイトに訪ねてくれる可能性が高くなります。ただ、トレンドキーワードは、トレンドが過ぎる時期になると急激に検索は落ちるので注意しましょう。

まとめ

webデザイナーに仕事を発注する場合、ポートフォリオが重要になってきます。どういった物を作ったのかなど実績や能力がわかるからです。これを基準に今までどんな物を作ったのか、自分が求めているのは何作あるかなど見ていくといいでしょう。