toggle

adhdの人が活躍できるwebデザイナーの仕事

webデザイナーはホームページのデザインをする仕事です。グラフィックのデザインとは異なり、HTMLやCSSという表記法を用いて、画面のデザインを作成します。この仕事は想像力が発揮できるので、adhdの人にも向いています。むしろ、adhdの人が特性を生かせる仕事と言っても過言ではありません。webデザイナーになるためには、デザインのセンス以外にも、インターネットに関する知識やライティングのテクニックも必要となります。これらを効率的に身につけることにより、webデザイナーへの門戸が開かれます。

webデザイナーは、良いホームページのデザインができるように、日々努力しなければなりません。webデザイナーが始めにやらなければならないことは、高品質なホームページとライティングの作成です。ランディングページは、そのサイト上で最初にアクセスされるページです。ランディングページの出来が良くなければ、次のページを読んではもらえなくなるので、とても大切なページと言えます。ランディングページに必要なことは、CVR(獲得率)の向上です。CVRを高めることができるランディングページが、良いページと言えます。

CVRを高めるために必要なことは、顧客の関心に合わせたページを作ることです。顧客の関心には関係なく、一方的な主張を繰り返すだけのページでは、CVRを高めることはできません。顧客の関心に合致しているページを作るためには、顧客のニーズの核心を知る必要があります。顧客のニーズの核心は、必ずしも検索キーワードと同じではありません。検索キーワードと関連付けられる何かに、顧客の真のニースがあります。

良いランディングページには、ライティング技術が欠かせません。文章は写真と共に、顧客の心に訴えかけるものが多い情報です。ライティングではキャッチコピーが書ける技術と、わかりやすい文章が書ける技術を習得する必要があります。これらの技術は、日ごろの訓練により身に付けることができます。ランディングページでも特に重要なのがファーストビューです。スクロールなしで、最初に現れる画像に、顧客が求める情報が全て掲載されていることが大切です。

webデザイナーという仕事は、adhdの特性であるひらめきが重要な役割を果たします。ひらめきの上に、基本となる技術を身に付けることで、顧客のニーズに合うランディングページの作成ができるようになります。