toggle

案件に適したレイアウトを作る優秀なwebデザイナー

ランディングページは、商品購入やサービスの申し込みを目的に作られているサイトです。結果が出るHPと作成実績を求めるなら、有能なwebデザイナーが在籍している制作代行業者に依頼する必要があります。優れたwebデザイナーは、サイトを閲覧しているユーザーの心理分析を行い、有効な手段で商材の購入に導きます。ユーザーに効率的にアクションを起こしてもらうには、webマーケティングの知識が必須です。ランディングページのレイアウトやコンテンツを通して、閲覧者の悩みに寄り添うことが収益を上げる秘訣と言えます。

例えばスキンケア商品や健康食品は、比較的売上を上げやすいジャンルです。ニーズに合わせて作られたランディングページとは、必ずしもコンテンツが多いサイトを意味しません、情報が多すぎるホームページは離脱が多い傾向があり、同じように複雑すぎるLPは、ユーザーから購入意欲を奪います。それよりもシンプルに商品の内容を解説し、価格やキャンペーンなどの情報を盛り込む方が、コンバージョン率が上がります。アフィリエイトであれば、素早くランディングページから公式サイトに移動させることが可能です。またLPは量産することが条件なので、短時間で納品してくれる業者に依頼すべきです。その上で、制作後に最適化すれば、売上の向上に結び付きます。

有能なwebデザイナーは、ランディングページの中でもメインとなるボディ部分に、メインビジュアルを入れます。またトップ部分は第一印象が決まる場所なので、webデザイナーの腕の見せ所でもあります。さらにターゲットの心に訴えるキャッチコピーと、それに合った画像を配置します。またコンバージョンボタンのある周囲には、ユーザーの購買欲を高める色やデザインを用います。公式サイトに誘導したいなら、ボタンを大きく立体的に作ると効果的です。さらにいったん成果が上がると、一気に売上が増加するのがランディングページの広告力です。さらに案件ごとに、ランディングページの最適化を行うことも大切です。

また時間と手間がかかるのがワイヤーフレームの設計です。ワイヤーフレームが悪いと、成果が出ないため注意が必要です。それには案件ごとにターゲット像を明確にし、ユーザーがどういった検索ワードを使ったのかを予測します。さらに広告の品質スコアを向上させ、流入キーワードの調査なども行うことが必須です。さらに万が一売上が伸びない場合は、思い切ってページタイトルを変更したり、アナリティクスによる分析を行ったりして、ランディングページを最適化します。その際、Googleアナリティクスを使えば、弱点を発見しやすくなります。サイトの訪問者数や使われたデバイスを調べることも、売上アップに役立ちます。