toggle

カジノのディーラーになるのに有利な資格

カジノのディーラーとなって働くのに、どうしても必要になる資格は存在しません。ディーラーとしての技能や知識が備わっていれば働きたい職場の採用試験を受験して合格することによって働くことが可能です。但しディーラーの職業としての認知度が少しずつ高まってきていて、ディーラーを育成する学校に通っている方も多くなりつつある状況の中で、ディーラーとしての技術を証明するための民間の資格が登場しています。

カジノディーラー資格認定試験を受験するためには満20歳以上の年齢でカジノについての技術や知識について学んだ経験がある人に限られるので注意が必要です。試験科目はカジノに関する歴史と一般常識の知識が筆記試験で問われることになります。世界各国のカジノの状況にまつわる知識やゲームのルールにまつわる知識、その他マナーやエチケットに関する知識が問われる問題が出題されるのです。そして面接形式で施設内での接客をするときに使われる基本的な英会話やゲームにまつわる基本的な英会話が出来るのかを確認されることになります。

接客接遇態度に関しては面接と筆記試験の両面で問われることになるのです。施設内での接客態度やゲームを行うときの接客態度や服装、身だしなみについての常識が身についているかどうかやゲームの内容を分かりやすく説明することが出来るのかについてもチェックされます。またルーレットとミニバカラ、ブラックジャックのそれぞれのゲームごとの実技審査によってディーラーの技術を審査されるのです。これらの試験科目の中で認定されているカジノスクールを卒業している方は実技審査を免除されます。あくまでもこの資格は自分の意思によって受けるかどうかを決めることが出来ますが合格すると、プロのディーラーとして活躍しやすくなるのです。